現役サポートのお願い!

オラトリオ・ソサエティOBOG合唱団の重要な活動の一つに現役支援があります。
現在の現役部員は残念ながら1人しかおりません。
オラトリオ・ソサエティ合唱団がその中核を占めていた「KAY合唱団」は終戦後の荒廃の中で荒んでいた日本人社会にキリスト教音楽の演奏により大きな慰めと癒しを与え続けてきました。我々の大切な母校、青山学院もまた敗戦から立ち上がる為の努力を始めたところでした。そんな青山学院の再建への歩みを、オラトリオ・ソサエティ合唱団は信仰と福音の調べで支えとなり続けて来たのです。
もう40年以上続いているオール青山のメサイア公演は、オラトリオ・ソサエティ合唱団がその演奏旅行に青山学院管弦楽団を同行して行ったのがそもそものはじまりです。このOBOG会合唱団の中軸メンバーが始めた演奏旅行です。
そんな歴史と伝統と功績のあるオラトリオ・ソサエティ合唱団を廃部にしては青山学院の恥以外の何物でもありません。
 皆さん、今青山学院は駅伝チームでもり立てられています。けれども、箱根での優勝に貢献したチームの方々が卒業後50年してまたそのチームで箱根に挑んでいる姿を想像できますか? でもオラトリオのメンバーはどうでしょうか?
卒業から50年後にまた同じメンバーで同じ「メサイア」でステージに立っています。しかも50年間に積み上げた人生経験と、より真摯な精神性と曲に対するより深い理解を付け加えて・・・。何とか部員を増やそうと、顧問の先生に募集チラシの配布を頼んだりと工夫はしておりますが、OBOGが学校内で直接に現役募集活動をすることができず思うようにはいきません。このままでは、廃部の可能性があります。
 そこで皆様へお願いがあります。お子様、お孫様、お知り合いの方に青学生がおられ、歌に興味をお持ちの方をご存知でしたら、是非オラトリオ・ソサエティ合唱団をご紹介していただきたくお願いいたします。
下記アドレスへご連絡をいただけましたら、事務局からご連絡をさせていただくこともいたします。
青山学院オラトリオ・ソサエティ合唱団が永久に存続できますよう、皆様のご協力をお願い致します。
 
連絡先:aogakuoratorio@hotmail.co.jp